希望ある経済へ

産業経済は、多くの人たちの望む必要水準を高く達したことにより、過剰効率性、価格競争に入っています。もはや、同じモノをより良く、より安く、より 多く作るサービス経済が中心の時代ではありません。環境、文化、歴史、世界を射程にいれての総合的な循環設計の時代になっています。その新たな経済は本来の経済の姿であると思われますが、ホスピタリティの設計原理によって創出・推進がなされ得られると私たちは考えています。
モノ、技術、生産、マネジメント、市場が新たに再編制されることであり、20世紀の商品・サービス経済の社会に代わって、21世紀は資本・ホスピタリティが活きる環境・場所の時代なのです。



認定の目的

● 21世紀の成熟したリーディングビジョンとして明示することで、具体的に私たちの生活を豊かにする。
● リサーチおよび表彰活動によるネットワークをつくり、環境/場所設計事業と世界的貢献事業をつくりだす。
● アワード自体が社会的にホスピタリティの先進的実践を示す指標となる。




For the hopeful economy

Ever since the industrial economy fulfilled the demand of the majority, it entered the phase of Compulsive efficiency and Price-cutting war. In the service industry, the era is no longer about providing better, cheaper, and more, but it became more about being a comprehensive and circulative economy, which covers environment, culture, history, and the world situation.
This new economy is the ‘Actual’ economy. It could only be constructed and developed by the principle of ‘Hospitality’.
An Object, Technology, Production, Management, and Market should be renewed for the 21st Century; which is the era created based on the environment and places for Capital and Hospitality instead of product and service industry that constructed the 20th Century.



Objective of the certification

● To practically enrich our life by showing a matured leading vision for the 21st century.
● We will create space planning project and universal enterprise that can contribute to the world.
● Our award itself become the indication of innovative activities of hospitality.