ユニバーサルホスピタリティアワードは、日本ホスピタリティ財団により設立された、国際水準でホスピタリティ指標を持つ場所、法人、個人、文化技術等を表彰する賞です。

この賞は「国内外問わず世界的にホスピタリティの先進性を示すロールモデル」を公益的に示していく為、長期的にリサーチ活動を続けながら選定して参ります。
選ばれる基準は「ホスピタリティある環境と場を、どれほどつくれているか。そしてその行為により、周囲にどのような喜びやコンビビアルな動きをつくりだしているか」。また場所性を活かしているか、次世代に向けての希望ある指標を持っているか、産業界の構造だけに属する様な存在ではないか、自然界から切り離され過ぎていないか、などといった幾つかの視点からも対象を見つめ、規模は問わず、あくまで自分以外の他者がより喜びを甘受したり、感動したり、活き活きとしたりする点を評価します。

毎年11月11日にノミネート対象と受賞関係者等でのプライベートサロン開催(奇数年)、パブリックに告知する式典(偶数年)を開催予定ですが、必ず年ごとにアワードを表彰する仕組みではなく、該当する対象が入り次第動く形をとって参ります。量より質を重視することで、よりホスピタリティの水準の高さと多様性を示していき、同時に対象の価値を守る事に力を注ぎます。なお特定の政治、宗教、組織との関係性はありません。長期的な活動を通じて、このアワード基準と価値を見出して頂けるようにして参ります。


Hospitality Foundation of Japan has granted the Universal Hospitality Award to companies, organizations, individual places, cultural technologies and specific people who have demonstrated hospitality with the international level. We continue to select recipients who demonstrate excellence in hospitality within the fields of management, design, education, medical treatment, cultural capital technology, lifestyle and others.

The idea was to spotlight 'Capital economy of hospitality', that promotes the best service for a specific type of clientele, in that particular location, at that particular moment, and that which motivates personal activity. Based on that premise, we looked for the 'Economic model' that can go beyond the model that provides "better things for many people at a competitive price." We give awards to those places or activities for having leading vision that has mature economic model of 21st century to make our life well.

From 2012, we regard our activity as a public enterprise, and will commit ourselves to become a cornerstone for the innovative idea of hospitality to be acknowledged widely to the world.
Then we have changed all systems, gathered people as committee members from all over the world, did research and checked our surveys for raising the Universal Hospitality Award's level up.
参考図書
● 福原 義春/文化資本研究会
 『文化資本の経営―これからの時代、企業と経営者が考えなければならないこと』
  (ダイヤモンド社)

● 山本 哲士『ホスピタリティ原論―哲学と経済の新設計 』(EHESC出版局)

Reference
・Yoshiharu Fukuhara / Cultural Capital Study Group
 "Management of Cultural Capital
 -What companies and managers have to think today "(Diamond sha. Inc.)

・Tetsuji Yamamoto
 "The Element of Hospitality - On Hospitality philosophy & economy"
 (EHESC publisher)